35歳からの晩婚生活日記

35歳でプロポーズ。これから始まる結婚生活を綴ります。

初回の衣装合わせに行ってきました

先日会社を早退して結婚式の衣装合わせに行ってきました。

ブライダルカウンターを通しているために、衣装のレンタル業者は決まっています。今回初めての衣装合わせだったのですが、新郎は特にやることはありませんでした。内金をお支払いすることと着替えるドレス姿の写真を撮ることくらいですかね。

レンタルサービス概要(備忘録)

30万円プラン

・ドレス20万円までのものを2着

・タキシード10万円までのものを2着

60万円相当のものが30万円でレンタルすることができますよ、ってサービスです。

ドレスは挙式の日に予約が入っていなければレンタル可能です。結婚式当日に会場に送ってもらっていて、当日はそこで着替えて、脱いで帰ることが可能なようです。汚したり破損させたりしても事前に保険に加入をしていれば問題ありません、とのことです。

ちなみに、ドレスが決まり小物合わせ等を挙式の2か月前くらいに確定しなければいけないとのことです。ドレスの試着も変更も、何度でも可能ですが小物合わせを終えて確定させたらもう変更はできないようです。

次回はお義母さんと二人で

ちなみに初回の打ち合わせということで内金をお支払いしました。こちらはお支払い金額の一部を事前にというサービスなので特に問題ないですね。

ちなみに今回書類にサインをしてきましたが、ドレスをこちらから借りなかった場合には違約金がかかるとのこと。ただウェディングドレスは他社でも、カラードレスだけでも契約をすればその対象からは外れるとのこと。良心的でよかったです。

ただね、初回の衣装合わせで見たドレスは6着ほどありましたが、20万円以内のプラン内に収まるドレスは試着してもいないですからね。有名なブランドや海外のドレスと並ぶと若干高めでもそちらに目が行っちゃいます。

母と娘で衣装を見ながら、あーじゃない、こーじゃないなんて話をする場を作ってあげたいこともありますので、どこかでは自分は欠席する日を作ろうと思います。母と娘の時間ってこれから少なくなっちゃうでしょうしね。