35歳からの晩婚生活日記

35歳でプロポーズ。これから始まる結婚生活を綴ります。

「わがまま」と「理不尽」は違うと思う

前回の日記が5日前。

不定期更新ですが、イベントが近づくに連れて更新頻度も高くなると思われます。ゆるくお付き合いいただければ幸いです。

 

さて、もうすぐホワイトデーが近づいています。来週の14日ですが、遠距離というほどの距離ではありませんが、お互いに車で1時間ほど離れたところに住んでいます。お互いに平日は仕事もあるので、基本的に会うのは週末。彼女さんは土日もシフト制でお仕事のこともあり、月に2回程度のデートです。

 

プロポーズをした日のデートはホワイトデーのお返しにこんなキーリングをプレゼント。次に会うのは3月の月末になりそうって分かっていましたからね。

プロポーズにお花くらい欲しかった

平日にでも会いに来てくれると嬉しいなんてことはよく言われていましたが、次の日が仕事なのに仕事が終わってから会いに行く気には個人的にはあまりなりません。わがままな性格の子は好きなのですが、自分の中のでは、「わがまま」と「理不尽」にはなんとなく線引きがあります。次の日が仕事なのに、「夜遅くに今から会いたい」なんて連絡は「わがまま」ではなく「理不尽」と判断します。あくまで自分の場合ですね。この「わがまま」と「理不尽」の差は第三者から見ると判断は難しいようです。

 

次の「娘さんをください」のイベントの日程を調整している段階ですが、その電話の中でプロポーズにはお花くらい欲しかったなぁ、とポツリ。ご両親への挨拶をして一緒に指輪を見に行こうって思っていたので、その時でもいいかなぁ、とその日は上のプレゼントのみでした。まぁ、手ぶらでもないわけだし、そこまで気にしなくてよかったかなぁなんて思ってたんですけどね。

 

今回のお花はまぁ、「わがまま」の範疇だなぁと思っています(笑)。

と言うことで近々お花は準備をしようと思います。でも「娘さんをください」イベントに花束を持ってご両親を尋ねたらなんだか、イメージ作りすぎで嫌な感じもしませんかね??その日にお花がちょうど宅配で届くように手配しようかな、なんて検討中です。