読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

35歳からの晩婚生活日記

35歳でプロポーズ。これから始まる結婚生活を綴ります。

無事に結納は和やかな雰囲気で終了

おはようございます。

昨日は無事に彼女さんのお家に行って無事に結納を済ませてきました。

リハーサルのような雰囲気

お互いの父親の座る席にはお茶屋さんからもらった結納の進め方が書かれた紙が・・・。まずは新郎の父親の番、次に新婦の父親の番というように順番に沿って全てのカンペがありました。早速その紙を見ながら「幾久しく」の定型句の入った文章を読み上げ、緊張している父親二人を時に笑いながら和やかな雰囲気で進みました。隣に座っていてこれリハーサル?って思えるくらいゆるく進みました。

こちらからは妊娠で妹が出席できなかったため、両親と自分。彼女さん側はご両親、お兄さん、本人の参加です。こちらは御祝儀袋に入れた結納金とお菓子の手土産を持参。結納の品は当初から両家でいらないと決めていました。彼女さんのお家で結納金を置く台座等は用意をして頂いていたので、それ以上の持参物は何もありませんでした。彼女さんのお家からは結納返しがご用意されていました。結納金の持参だけでと伝えていたので結納返しは予定外でした。

お互いの結納金、結納返しの交換が終わり、「幾久しく」の挨拶が終わり桜茶を頂いて記念撮影。お茶汲みのお手伝いに来て頂いていた彼女のお母さんのお友達の方に記念撮影をしてもらいました。20分ほどで全てが終わりました。

移動してお食事

彼女さんのお家での結納は20分ほどで全行程を終了。その後、お食事の場へ移動となります。今回は近くの懐石料理のお店に。

https://tabelog.ssl.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34510/640x640_rect_34510069.jpg

(画像はhttps://tabelog.com/参照です)

ここから彼女のお父さんのお兄さんがお二人参加。こちらももっと緊張をするかと思いましたが、ざっくりとした楽しい飲み会のような雰囲気でした。彼女のお父さんのお兄さんお二人は79歳、76歳とおっしゃられていましたが、最初に乾杯してビールを30分ばかり飲むとあとはワインに。自分の父は運転のためにノンアルコールビールにしましたが、彼女のお父さん、お兄さんたち、自分の4人でワインを飲む展開に。赤ワイン瓶が3本転がりました。79歳と76歳、69歳のご兄弟で楽しく飲まれている雰囲気は素敵でした。ただこの年齢で赤ワイン3本はちょっと飲みますね(笑)。彼女さんは軽く口をつける程度で終始烏龍茶でしたけど、みんなで笑いの絶えない飲み会となりました。

バスの送迎付きでしたので、お食事が終わるとまた彼女さんのお家に戻りお茶を頂きお開きとなりました。11時に彼女さんのお家に行き、16時くらいの解散となりました。ちなみに彼女のお父さんは家に着くなりもうお休みになられました。ちょっと飲みすぎたんでしょうね。

次の予定は衣装合わせ

何はともあれ、無事に結納が終わりました。次は衣装合わせの初回打ち合わせが予定されています。来週仕事を早く切り上げて参加予定です。何かとイベントが多くてデートプランに困らないのは助かります。その次には指輪を取りにもいかないと行けませんからね。着々と進んでおります。

結納の日を迎えます

ご無沙汰しております。

2週間に一度くらい更新頻度になっていましたが、結婚へ向けた作業は続いています。先日指輪を注文しましたが6月の1週目くらいに手元に届く予定となっています。

結納金を準備

昨日郵便局でお金を下ろしましたが、帯封の新券で用意をしました。口座から引き出す時に新券って言わないとダメなんですね。帯封って伝えたので新券になると思っていました。ただ、ATMに慣れ切っているので窓口でお金を下ろすという作業は何ともレトロな感じがしました。通帳と印鑑、身分証明証。パスワードの設定もないんですもんね。

結納金として100万円を用意しましたが、このお金で新居のお金にする予定です。結納返しも何もいらないと伝えてはいます。なんとなく見せ金みたいな感覚ですが、結婚ってやっぱりお金がかかっちゃうもんですね。

明日が結納

自分の家からは両親と私、妹の参加予定となっていましたが、妹は現在妊娠中で切迫流産気味で今週緊急で検査入院となってしましました。本当は昨日里帰り予定だったのですが、今も病室なので結納は両親と私で参加となります。

略式の結納を予定していましたが、結納金のみの用意をして他の飾り等は一切なしとしました。本来は指輪だったり目録だったりを作成はしないといけないんでしょうけど、結納金のみ持参をすることで終わりになります。彼女さんのお家で結納金を受ける台はお借りしているようなので、その上にちょっと立派なご祝儀袋を置くことになりますね。ちなみにご祝儀袋は東急ハンズでお買い上げしました。

こんなやつですね。

両方の父親がお仕事が多いようです

個人的には結納というより、両家の顔合わせのようなものと認識していたのでちょっと面喰いましたが、ご近所の方がお茶汲みのお手伝いに来て下さるようです。ご両家の顔合わせチックな結納をして、外にお食事に行く予定です。そしてこのお食事には彼女さんのおじさん方がご出席されるようです。両家の顔合わせのような結納ってどこに行ったんだろう・・・って感じなのですが(笑)。

定型句のご挨拶はあるのですが、それぞれ新郎新婦の父が挨拶をするようで個人的には特にやることもないみたいですね。暗記も特にすることなくその紙を手にしたまま、和やかな結納になることを期待しています。明日は11時に集合で夕方には戻れる予定なので、とりあえず無難に頑張ってきます。

指輪の購入と式場の初回打ち合わせ

こんばんは。

先月の末に式場を正式に決定して手付け金をお支払も終わりました。先月に色々見学をした結果、自分たちの式場はレストランウェディングとなりました。お互いにいい歳なので、肩肘張らずにお披露目パーティーくらいの感覚で行いたいなぁというのが一番の理由です。お互いの第一希望の会場はキャパの問題でNGとなりましが、お互い納得の上で決定の会場となりました。

半年前のキャンセルは可能なようでしたが、契約日の時点で既にそのリミットは切っていました。仮にキャンセルをすることになれば披露宴のお見積もり金額の半額が違約金としてかかってしまうことになるとの説明を受けました。契約書にサインをすることがすでにお見積書の半額の違約金を了承することになるので、気を引き締めて慎重にサインをしました。

指輪の購入と初回打ち合わせ

f:id:jun_0017:20170305233511j:plain

3月にプロポーズをしましたが、指輪も用意をせずに手ぶらでのプロポーズでした。彼女さんのご両親へのご挨拶も済ませていましたが、本日ようやく指輪の購入となりました。

今月末には結納を予定していますが、指輪の到着が6月の上旬には届く予定です。結納の1週間後の到着となるので結納の席には指輪はなしとなります。結納の場に指輪も一緒にと思うのなら、指輪の契約から5週間ほどは見ておいたほうがいいですね。自分たちの場合はそこまで堅苦しい結納は予定していないのでお互いにまぁいいかなぁといった感じです。

式場の契約の日に2件ほどお店を回って指輪を見ていましたが、そこまでにお互いの欲しい指輪のデザインはある程度決まっていました。ネットでデザインやお店の口コミを見ながら話はしてたので、比較的今日はすんなりと発注となりました。それでも時間は1時間半くらいかかりましたね。15時にお店に伺い、サイズ感、実際にサンプルを手にとって見た目等を確認をした上で無事お買い上げとなりました。彼女さんは婚約指輪を特に希望はしていなかったので、二人で結婚指輪の2本を購入となりました。

その後、式場の初回打ち合わせに伺いましたが、今回は招待状の文面等の打ち合わせでした。そして当日の大まかなスケジュールの確認を行いこちらも1時間半ほどで終わりました。来週中には文面のデータが届き、誤字脱字の確認を行った上で5月末には招待状の発送枚数の仮確定の予定です。まだ招待客の人数の確定まで至っていないので、早めに確定してしまわないと来月の中旬には印刷発注の締め切りが迫っています。7月中旬には招待状の発送の予定とのことで式場見学からトントン拍子で進んでいます。

今後の予定

次回の式場打ち合わせも6月に予定していますが、今度はお料理の打ち合わせとなるようです。7月にはフローリストの打ち合わせとバタバタと日程が埋まっています。また、それとは別に衣装の打ち合わせも今月から入ってくるので土日はなかなか忙しい日々になりそうです。

試食付きの結婚式場見学に行ってきました

先週の土曜日と日曜日で式場見学に行ってきました。

当初のスケジュールと一部変更になり、ハウスウェディング1件、レストランウェディング3件、ホテルウェディング1件の合計5件となりました。結果的は全てが試食付きに変わっているという・・・。

見学スケジュール

4月8日(土) 9:00 ハウスウェディング見学(試食付き)

       14:00 レストランウェディング見学(試食付き)

 

4月9日(日) 9:00 ホテルウェディング見学(試食付き)

       14:00 レストランウェディング見学(試食付き)

       17:30 レストランウェディング見学(試食付き)

 

9:00 ハウスウェディング見学(試食付き)

一番最初に通された部屋でおしゃれな額縁に入った、welcomeの写真立て。写真は撮らせてもらいましたが、お互いの名前が入ってたのでここではスルー。

 

f:id:jun_0017:20170415160241j:plain

 

11時から普通に披露宴が予定をされていたので、チャペルと披露宴開始前の準備万端な様子を見させていただきました。

 

f:id:jun_0017:20170415160252j:plain

f:id:jun_0017:20170415160302j:plain

 

メインとデザートの試食をさせていただきましたが、全体の見学とお見積りの終了までに4時間ほど時間をかけてしまいました。一番初めだったのであまり分からなかったのですが、ある程度時間を切っていかないとズルズルと行っちゃいます。

 

f:id:jun_0017:20170415160308j:plain

 

出る頃にはフローリストさんから簡単なブーケのプレゼントも。至れり尽くせりな感じがなんとも居心地の悪い感じにもちょっとなっちゃいました。

 

14:00 レストランウェディング見学

こちらは前回のブライダルカウンターではなく、別の紹介所があるようで14時にそちらに伺い夕方にお店に伺いました。

 

f:id:jun_0017:20170415160312j:plain

 

落ち着いた和風のお店で一般のお客さんがお食事をしている中に、場所を通されて見学という流れ。ちょっと恥ずかしいですね。他の一般の方がいないと分かっているハウスウェディング、ホテルウェディングが見学は気楽でした。

 

f:id:jun_0017:20170415160323j:plain

f:id:jun_0017:20170415160328j:plain

 

こちらは前菜とメインのお食事、デザートが試食として出てきました。お酒も出してくれる感じでしたが、さすがに試食でアルコールを飲んだか気が変になりそうでお断りしました。個人的には普通に食事を食べにまた行くと思います。

 

9:00 ホテルウェディング見学(試食付き)

f:id:jun_0017:20170415160338j:plain

f:id:jun_0017:20170415160417j:plain

f:id:jun_0017:20170415160438j:plain

 

チャペルと披露宴会場を見学しました。ホテルは〇〇の間的なものがいくつもあり、お部屋によって印象が変わりますね。披露宴でソファはちょっと個人的には苦手かなぁ、っと。サイドテーブルにパソコンでも置きたい感じのくつろぎ加減でした。

 

f:id:jun_0017:20170415162545j:plain

 

こちらもメイン料理とパンを試食で頂きました。ここでもワインを出してくれそうな感じでしたが、次もあるのでお断り。ご飯だけ美味しく頂きました。その後にこちらでもデザートは頂きました。

 

14:00 レストランウェディング見学(試食付き)

f:id:jun_0017:20170415162601j:plain

 

こちらはジンジャーエールのウェルカムドリンクを頂きました。

 

f:id:jun_0017:20170415162616j:plain

 

チャペルと披露宴会場を見学しました。こちらも一般のお客さんが入っていましたが、披露宴の場所は準備をしていたのでこのときは使われていませんでした。

 

f:id:jun_0017:20170415160512j:plain

f:id:jun_0017:20170415160531j:plain

 

玉ねぎが運ばれてきて、割ってこうやって食べるお食事のようです。こちらはもともと試食は予定していなかった気がしますが持ってきてもらいました。ここの見学が一番体力的にしんどくて若干、説明は時折うつらうつらしちゃったり。

 

17:30 レストランウェディング見学(試食付き)

f:id:jun_0017:20170415160537j:plain

 

f:id:jun_0017:20170415160600j:plain

 

こちらもチャペルと披露宴会場を見学しました。こちらのレストランも普通に営業をしていましたが、普通のお客さんが比較的多く、あまり写真を撮れないような雰囲気でした。

 

f:id:jun_0017:20170415160606j:plain

 

こちらでは普通にコースの試食ということでいくつもお料理が出てきました。通常の披露宴で出てくるような感じで1時間くらい試食の時間がありました。前菜、お魚、お肉と写真を撮りたかったですが、他のお客さんの雰囲気もあり、最後のデザートだけをなんとかパシャり。二人にそろぞれ違う料理コースを出してくれたので、色々な食事を見ることは出来ましたが、試食でここまでお料理が出てくると気が引けてやっぱり居心地が悪かったですね。美味しいお酒とお食事は普通に食べに行かないと美味しさ半減です。

 

まとめ

試食付きの式場見学等はたくさんあっていますので、特に気兼ねすることなく参加はできます。ただサービスが過剰だとなんとなく不安な気持ちになるのも感じます。最後に御見積書を全て頂いて2日間の日程を終了となりました。なかなかの過密日程でしたが、これで全ての式場見学が終わりました。着実に進んでおります。

ブライダルカウンターへ行って来ました

久しぶりの更新です。

彼女さんが週末のお休みは不定期シフト制のため、昨日の土曜日は珍しくお互いのお休みが週末に合わせられたため、ブライダルカウンターに行って来ました。

ある程度の日程を頭に置いて行くと、話がとてもスムーズです。私たちは9月を目処に考えていますので、9月、10月で式場の日程を抑えられるところを第一に検討を始めました。また、ざっくりとですが、お祝儀から手出しする金額が100万円程度かなぁと考えています。指輪を購入したり、新婚旅行に行ったり、今後の生活のこともあったり、あまり結婚式にお金を使いすぎることはよくないなぁと思っています。 

(文庫)結婚までに、やっておくべきお金のこと (サンマーク文庫)

(文庫)結婚までに、やっておくべきお金のこと (サンマーク文庫)

 

 

式場の違い

ホテルウェディング、ハウスウェディング、レストランウェディング、海外リゾート等ありますが、最初の3つで検討しています。友人、知人に参加してもらうためにはやはり海外はあまりに予算がかかちゃいますからね。個人的には3種類のウェディングに特に拘りもないので、3種類全てを見学したいと持っています。

・ホテルウェディング

ホテルウェディングとは、その名の通りホテルで行う結婚式です。敷地内に独立型のチャペルが併設されているホテルであればそちらで式を挙げ、そのままホテルの一室へ移動して披露宴を行うのも一般的な流れです。格調の高い催しにしたい場合や目上・年配のゲストの割合が高くなりそうな場合などに選ばれることが多く、フォーマル色を前面に出したいカップルに適しています。

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイト - ぐるなびウエディングより引用)

一番無難かな、と思うものですね。立地も悪くないですし、併設されているチャペルで式を挙げ、そのままホテルで披露宴。ブライダルカウンターで話を聞きながら、来週2つのホテルに見学を予定しています。

・ハウスウェディング

ハウスウェディングとは、一軒家の洋館や戸建てレストランなどを貸し切って挙式・披露宴を行うウェディングスタイルです。欧州のような邸宅を会場にする場合は「ゲストハウスウェディング」とも呼ばれます。最大のメリットは、建物全体を自由に使うことができる“プライベート感”。少人数から大人数のパーティまで、どんな規模・スタイルのウェディングにも対応することができます。

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイト - ぐるなびウエディングより引用)

こちらはどちらかというと彼女さんの希望ですね。ゲストハウスを貸し切って比較的自由にウェディングを行うことができます。あまりフォーマル過ぎない分、気楽な感じかもしれません。こちらも来週1つ早速予約を入れています。

 

・レストランウェディング

レストランウェディングとは形式にとらわれず、アットホームな雰囲気でゲストをおもてなしできるレストランでの結婚式。料理にこだわってみたり、ふたりらしさを表現したオリジナルの演出や、コストパフォーマンスが魅力なのがレストランウェディング。普段はレストランとして営業しているお店を貸しきるので、シェフ自慢のとびきり美味しい料理でゲストに気持ちを伝えることができるスタイルのウエディングです。

結婚式・ウエディング・ブライダル情報検索サイト - ぐるなびウエディングより引用)

こちらは料理に拘るレストランウェディング。特に拘りがない分、全てのパターンを見学しようと思い、こちらも来週2つ予約予定です。

ブライダルカウンターに行くととりあえずスケジュールが固まります

分かっていましたが、ブライダルカウンターに行くと色々日程的なものが動き出します。式場見学に行くにしても、日程がある程度はっきりさせてから見学日程の調整を行います。

逆にあまり決まっていない段階でブライダルカウンターへ行くと結婚へのレールが急に引かれるかもしれません(男目線ですけどね)。親御さんへの挨拶も済ませ、本人同士で秋前後とある程度は固めていたために話は比較的スムーズでした。

16:30にブライダルカウンターへ行きましたが、結果2時間ほどは色々な話を聞かせてもらいました。自分たちの年齢のせいですが、ある程度の結婚式場には招待をされて行ったことのある経験も多いんですよね(笑)。見学に行かなくてもある知っている式場があるのも確かです。

その中でいくつか見学に行ってみたい式場を挙げてみると10会場ほどありました。そこからまずは上の種類別に優先順位をつけて行きました。当初はそれぞれの種類から1つずつの3会場で調整しましたが、絞りきれずにホテルウェディングを2つ、ハウスウェディングを1つ、レストランウェディングを2つというスケジュールが完成しました。

来週のスケジュール

4月8日(土) 9:00 ハウスウェディング見学(試食付き)

       14:00 レストランウェディング見学

 

4月9日(日) 9:00 ホテルウェディング見学(試食付き)

       14:00 レストランウェディング見学(試食付き)

       17:30 ホテルウェディング見学

 

結構がっつり入りました。上記、5つのうち、1つは個人的に予約をして見学ですが、そのほかはブライダルカウンターを通しての見学予約です。5件のうち3件も試食付きだなんて、ちょっとそれはそれで楽しみにしています。

9日は午後からお花見の予定だったんですけど、急遽式場見学となりました。ようやく動き出しましたが、来週からは試食の写真等も紹介したいと思います。

無事に「ご両親へのご挨拶」を終了しました

こんばんは。

昨日、3連休の最終日に無事に彼女さんのご両親へのご挨拶に伺いました。

私の住んでいる地域は都会とは言い難く、私自身も両親と同居の長男ということもあり、今回のご挨拶には私の父も連れて行きました。田舎ならでは、というかあまり違和感は感じません。地域性もあり、どうして親を同席させるんだろう、という違った面からの意見もあると思いますが・・・。

今回がご両親への初めての顔合わせとなるのであれば、大いに緊張をするところなのでしょうが、以前にも彼女さんご家族と食事会にをしたり、お正月も伺った際に新年の挨拶をさせてもらったりと、個人的には着実にステップアップをしていたためにに、終始和やかな雰囲気で無事に終了しました。さすがに、初対面となる私の父と彼女さんのご両親は若干緊張をしていたようにも見えましたけどね。

今回の挨拶の趣旨

「結婚のお許しを頂きに参りました」という趣旨でのご挨拶で、今後のスケジュール等は全くの白紙の状態で伺いました。お許しを頂いてから二人で決めて行きます、とのスタンスで話を切り出しました。

今回はもちろん結納ではありませんが、私の父も同席をしているということもあり、なんとなく結納のような雰囲気で、席には桜茶の用意までして頂きました。全く反対をするような雰囲気はなく、いつでもウェルカムだったようです。以前、一年ほど前に最初の顔合わせをさせて頂きましたが、その時から何も反対をしてはいないので早く結婚をって言ってたでしょ、と言われたくらいです。

彼女さんのお父さんは寡黙であまり多くを語らないようですが、お伺いをする前日から話す内容を練習したり、「よかったねぇ」とご自宅では連呼していたとのこと。実際当日はやはり寡黙でほとんど無口で、代わりにお母さんが色々とお話をしてくれました。

和やかな雰囲気で話を進め、最終的に結納の場は設けずに、畏まらずに簡単に行きましょう、と話がまとまりました。意外と細かいしきたり的な話があったら、大変だなぁと思っていましたが、これは嬉しい誤算でした。

ちなみに「娘さんを下さい」のセリフは言わずじまいでした(笑)。

 

来月にはまずはブライダルカウンターに行って、式場見学等のイベントが始まります。指輪も見に行かなくちゃですね。そうなるとまたイベントが目白押しで、書くことも増えそうですね。ただ、イベントごとの更新、週に一度、または二週間に一度の頻度です。今後も、ごゆるりとよろしくお願い致します。

 

www.godiva.co.jp

ゴディバ (GODIVA) ゴールドコレクション 12粒

ちなみにお伺いをする手土産にはチョコレートの詰め合わせを用意して行きました。オンラインでは詰め合わせのカタログがなかったので、こちらは参考画像になります。チョコレートとクッキー等、様々なお菓子が詰め合わせになったバラエティセットのようなものです。予算的にも問題なく収まりました。

逆に帰る際には、彼女さんのお家からもお土産を頂いてちょっと恐縮しちゃいました。

「娘さんをください」イベントが確定しました

前回の更新から1週間前が経ちました。基本的に平日に会うことはないので、平日は特にイベントの進捗もないんですよね。毎日夜に電話はしていますけどね。

 

「娘さんをください」のイベントがこの3連休中に決まりました。スーツを着て彼女さんのご両親へ挨拶をしてきます。彼女さんのリクエストの花はまた別の日にします。ご両親がいる前で花束が届いたり、持って行ったりしたらちょっとキザ過ぎますからね(笑)。

 

当日は菓子折りを持って伺うことにします。どんなお菓子を持っていくかも考えないといけないですね。だいたい予算は5,000円くらいかな。本当は昨日仕事帰りに買うべきでしたが、会社関係の飲み会参加のため時間が取れませんでした。

 

何はともあれ、正式に彼女さんのご両親へ結婚の許しをもらうための日が確定をしました。ちょっと緊張するかもしれませんが、初対面でもありませんし、過去にも食事会を行ったりしていますからね。和やかな雰囲気で当日は終わると思っています。

 

ご挨拶が済んだら、どのような菓子折りを準備したかなど、詳細を書きますね!誰かしらの参考になることもあるでしょうしね!!